top of page
SMC-webTitle-2048x1445.jpg

STUDIO

SMC

​サラウンドモニターコントローラー

SMCは5.1サラウンド・モニタリングの業界標準です。アナログ6チャンネル・ボリューム・コントロールと、5.1サラウンドおよびステレオ・ソースのスピーカー・マネージメントを兼ね備えています。

入力ソース選択&スピーカー管理

SMCには2つの5.1入力ソースと2つのステレオ入力ソースを接続できます。モニタリングでは、常に2つの作品が比較されるため、これは重要なことです。

DB25入力はDAWのバランス接続に使用します。出力ルーティングでは、5.1ミキシングにはチャンネル1-6を、ステレオミキシングには7/8を選択します。

DVDは、比較のために標準的なDVDプレーヤーやブルーレイプレーヤーで再生されることがよくあります。民生用の公称レベル-10dBVは、スタジオの0dBuレベルに対して7.8dBのレベル差に相当しますが、SMCではラウドネスを比較できるように補正されています。

フロントとリアのステレオペアは、それぞれモノラルに切り替えることができます。

ミュートオールは、DAWが問題によりフルスケールの不要なオーディオ信号を送信している場合に重要です。スピーカーとあなたの聴覚を保護するために、ここで素早くミュートにすることができます。

各スピーカーは個別にオン/オフすることもできます。

バランス入力は、DB25ソケットのSlave Outにパッシブ・ループされます。ここには、例えばマルチチャンネルのメーターが接続できます。

スピーカー出力はTRSジャックでバランスされています。モノ・ジャック・プラグ(TS)を使用した場合、信号は自動的にアンバランスになります。

​製品スペック

アナログ入出力:DB-25&TRS&RCA端子

最大入力レベル/出力レベル

21 dBu

入力インピーダンス(DB-25&Jack)

50 kΩ

入力インピーダンス(RCA)

10 kΩ

出力インピーダンス(Jack)

100 Ω

​周波数特性(-3 dB)

10 Hz - 100 kHz

THD + N(10 Hz - 22 kHz, 18 dBu)

0.002 %

ノイズ(A-weighted)

-98 dBu

​同相信号除去(1 kHz)

70 dB

ダイナミックレンジ

119 dB

​内部電源

駆動電圧(アナログオーディオ)

+/- 15 V

駆動電圧(リレー回路・LED)

+12 V

​電源

​入力電源電圧

230V / 50 Hz, 115V / 60 Hz

ヒューズ(230V)

T 315 mA

ヒューズ(115V)

T 630 mA

​消費電力

最大 10 W

​本体サイズ・重量

W x H x D(横幅 x 高さ x 奥行)

272 x 91 x 220 mm

本体重量

2.3 kg

発送重量(パッケージ含む)

3.25 kg

bottom of page