top of page
IRON_MG_1360-2560x1920-editSF1-2048x1536.jpg

MASTERING

IRON

マスタリングコンプレッサー

IRON Mastering Compressorは、伝説的なヴィンテージ・チューブ・コンプレッサーのサウンド上の利点とSPL 120Vテクノロジーの利点を1つのデバイスに統合しました。その結果、ラジオ時代のビンテージ・コンプレッサーにインスパイアされた、心地よく、メロディックなサウンドの音楽的なコンプレッサーでありながら、非常にフレキシブルで、現代のマスタリングスタジオやプロダクションのニーズに完璧に適応します。

IRONは、邪魔になることなく、あらゆる信号にパワー、サイズ、深みを加えます。

SPL IRON マスタリングコンプレッサー

​ベーシックコンセプト

IRON Mastering Compressorは、基本コンセプトからして可変バイアスのリミッター/コンプレッサーです。新技術の統合により、このコンセプトは大幅に改善されました。

IRONは、バイアス制御リモート・カットオフ管の原理で動作します。急峻な特性を持つシャープ・カットオフ管が並列に接続されています。

信号振幅のレベルに応じて、1本または別の管が信号処理/制限を担当します。その結果、バランスのとれたサウンドが得られ、パラメーターの設定もよりコントロールしやすくなります。

IRONの4本の真空管はすべて、システム全体に特別にマッチしたセットです。

Wathen CryoTone™12AX7-WCMロングプレート真空管は、ペアとして完璧にマッチするだけでなく、厳選された12AU7真空管を完璧に補完します。

真空管は、特別なルンダール製のバランスド・ハイレベル・ダブルコア・ミューメタル・アイアン・トランスを経由してIRONの信号フローに統合されています。

可変バイアス真空管回路の制御経路にある独立したフィードフォワード抵抗バクトロール・オプト・アイソレーターは、極端な信号ピークを遮断し、真空管回路がその音の潜在能力をフルに発揮することを保証します。

SPL 120Vテクノロジーにより、真空管コンプレッサー・テクノロジーはIRONの新たなスタンダードとなりました。

Input

入力レベルは2 dBステップで+/- 12 dBのコントロール範囲で切り替え可能です。入力レベルを上げるとコンプレッションが強くなります。

ヒント ダイナミック・レンジが狭く、低域の情報量が多いオーディオ素材の場合、Inputスイッチで入力信号を減衰させると、コンプレッサーがよりリラックスして動作します。

Attack

Attack はコンプレッサーの反応時間を決定します。

アタックタイムはFastからSlowまで6段階で調整できます。

Release

Attackと対になるのがReleaseです。Release パラメーターは、コンプレッサーが信号を処理する速さを決定します。

アタック・タイムと同様に、リリース・タイムもファストからスローまでの6段階で設定できます。

Output

出力レベルも2dBステップで±12dBのコントロール範囲で調整可能です。これにより、圧縮後にオーディオ・レベルを再び上げることができます。

サンプルビデオ

Rectifier

真空管ステージは整流回路によって制御されます。ゲルマニウム・ダイオード、シリコン・ダイオード、LEDダイオード、またはそれらの組み合わせによって生成される6つのダイオード制御特性があります。

アタック・タイムとリリース・タイムは、選択された整流回路によって異なります。

Side Chain EQ プリセット

サイドチェイン・フィルターを使用すると、コンプレッションのレスポンスを特定の周波数帯域に集中させることができます。これは周波数選択コンプレッションとも呼ばれます。サイドチェイン・フィルターはコントロール信号経路にのみ存在し、オーディオ経路には存在しません。IRON Mastering Compressorは、6ポジションのスイッチでOffポジション、4つのサイドチェーンフィルタープリセット、または外部サイドチェーンインサートのいずれかを選択できます。

Threshold

スレッショルドは、コンプレッサーが圧縮を開始するレベルを決定します。スレッショルド値を超えると、コンプレッサーは信号の処理を開始します。スレッショルド値を超えた信号だけが圧縮されます。スレッショルド値以下のレベルの信号は処理されません。

IRONのスレッショルド・パラメーターは、ディテント・ポテンショメーターで41段階で調整できます。

ポジション1(オフ)では、コンデンサーだけがサイドチェイン信号に統合され、20 Hzより低い周波数をフィルターします。

ポジション2(EQ 1)はローパスフィルターを統合します。

ポジション 3(EQ 2)は、ハイパス・フィルターを統合します。

Side Chain インサート

ポジション6(Ext)では、外部サイドチェイン・インサートがアクティブになります。インサート・センドとインサート・リターンを介して、外部ステレオ・イコライザーをサイドチェイン信号に統合できます。コンプレッションのレスポンスを特定の周波数帯域に集中させるために、個別のフィルター・カーブを作成できます。

IRON Mastering Compressorのサイドチェーン・イコライザーは、コントロール信号のみを処理し、オーディオ信号は処理しません。サイドチェイン・インサートに外部イコライザーが接続されていない場合、またはサイドチェイン・インサートのセンドとリターンがケーブルでブリッジされていない場合、スイッチ・ポジション(Ext)が選択されると、IRONのオーディオ信号は中断されます。

サンプルビデオ

Tube Bias

Tube Biasスイッチで、真空管のバイアスを3つの設定から選ぶことができます: Low、Mid、Highです。真空管のバイアスとは、真空管のグリッドに存在する電圧のことです。電圧が高いほど、真空管のカソードからアノードへの信号が少なくなり、コンプレッションが強くなります。

バイアスのモジュレーションは、Threshold、Rectifier、Side Chain EQ、Attack、Releaseパラメーターの合計です。

ポジション4(EQ 3)は、バンドパス・フィルターを統合します。

ポジション5(EQ 4)は、開発者のウォルフガング・ノイマンが経験的に設計したフィルターカーブを統合しています。

Link

リンク機能を有効にすると、スレッショルド、バイアス、アタック、リリース、整流、サイドチェイン EQ パラメーターは右側(チャンネル 2)でコントロールされます。Linkモードでは、これらの設定を左側(チャンネル1)で行う必要はなくなります。

IRON は、Link がアクティブの場合、サミングされたサイドチェイン・コントロール信号で動作します。右チャンネルの信号は左チャンネルのコンプレッションにも影響します。リンク・モードがアクティブでない場合、IRONの左チャンネルと右チャンネルは完全に独立して動作します。

サンプルビデオ

AirBass & Tape Roll-Off

コンプレッサーに続いてパッシブ・フィルター・ネットワークがあり、2つのイコライザーがプリセットされている: AirBassとTape Roll-Offです。

AirBassフィルターは低域と高域を約1.5dBブーストし、Tape Roll-Offフィルターはテープ・マシンの典型的な周波数特性をエミュレートします。

真空管

IRONは回路に4本の真空管を使用しています。各チャンネルに1組ずつ、パラレル接続されています。マスタリング・グレードのサウンドとパフォーマンスを得るためには、最高の真空管を使用する必要があります。完璧にマッチした真空管を使用することだけが重要なのではありません。そのため、IRONにはマッチングされた12AU7真空管が搭載されており、SPLではWathen CryoTone™12AX7-WCMロングプレート真空管と事前にマッチングされたペアでペアリングされています。

Wathen AudiophileのCryoTone™真空管は極低温処理された真空管です。極低温学とは、低温に到達する方法と、到達したときの材料の挙動を研究する学問です。極低温処理は、材料のボイドや不完全性を減少または除去することにより、電子部品の分子構造を修正します。Wathenは、オーディオチューブの音響性能のあらゆる側面を最大化するために特別に設計された極低温処理プロセスを採用しています。12AX7-WCMのWathen CryoTone™ Long Plateバージョンは、比類のないサウンドステージ、深み、周波数バランスを持っています。トップからボトムまでシルキーで、クリアで、大きく、最も静かなノイズフロアと長寿命です。

IRONは、現代のテクノロジーとヴィンテージ・マジックの最高峰を融合しています。

VU-Switch

トグルスイッチは3つのポジションがあり、ゲインリダクションを表示するか、出力レベル(0 dBと+ 10 dB)をVUメーターに表示するかを選択できます。

Auto Bypass

チャンネル1と2は、点灯する大きな円形スイッチで操作します。オートバイパスモードでは、チャンネルのオンとオフが自動的に切り替わり、処理の客観的な評価が可能になります。インターバル・コントロールは、自動オート・バイパスのタイム・ウィンドウを連続的に調整するために使用します。

AirBass

Tape Roll-Off

Recall

スレッショルドはディテント・ポテンショメーターで設定します。IRONの他の機能はすべてスイッチで操作するため、リコールも可能です。

120Vテクノロジーについて

120VテクノロジーはSPLのリファレンス・テクノロジーで、120ボルトの直流電圧で動作する、世界でもユニークなものです。これはICベースの半導体オペアンプの4倍です。

最高のオーディオ品質を得るには、最高のオーディオ動作電圧が必要です。

120Vテクノロジーは+/-60 Vで動作します。このような高電圧に対応するため、SPLは+/-60 Vの直流電圧で動作する特別なオペアンプを独自に開発しました:SPL 120V SUPRAオペアンプです。


この高電圧は、従来の部品やオペアンプを破壊してしまいます。

120Vテクノロジーは、卓越した技術的仕様と音響的利点を実現します。技術的には、ダイナミック・レンジ、S/N比、ヘッドルーム。サウンド面では、ディテールの豊かさ、絶対的にリラックスしたリスニング体験が得られます。

ちなみに、この技術の名前にある「120V」は、主電源ソケットからのローカルな主電源電圧とは何の関係もありません。これは、オーディオ信号が処理される装置内部の動作電圧のことです。

主電源ソケットからの主電源電圧は、トロイダルトランスを備えたデバイス内部のリニア電源で、必要な二次電圧に変換されます。整流器はこの交流電圧をオーディオ機器に必要な直流電圧に変換します。

SPL 120Vテクノロジーのアイデアと、このテクノロジーに基づくSUPRAオペアンプは、SPLの創設者でありチーフ・デベロッパーであるヴォルフガング・ノイマンによって1990年代に開発されました。

史上最高のマスタリング・コンソールを作るという目標のもと、この基本的な技術哲学が初めて形になりました。こうして2000年、ギャラクシー・スタジオ用のSPL MMC1マスタリング・コンソールが日の目を見ることになったのです。

SPL MMC 1 コンソール(Galaxy Mastering Studios)

その卓越したサウンドと技術的特徴は、瞬く間にシーンに広まり、さらなる注文が舞い込むのに時間はかかりませんでした。

MMC 1の他に、120Vテクノロジーを搭載したもう1つの伝説的な製品、"パラメトリック・イコライザーの王様 "PQが誕生しました。

SPL MMC 1 コンソール(Wisseloord Studios)

それ以来、120VテクノロジーはすべてのSPLプレミアム製品の基礎となっています。一方、マスタリング用途だけでなく、スタジオやハイファイでの使用にも適しています。

SPL PQ - モデル 2050

120Vとは?

何をするものなのか?

答えは動画の中にあります。

比較

ほとんどのオーディオ・デバイスは±15ボルトの内部動作電圧で動作するため、最大入力レベル+21.5 dBuを処理することができます。例えばDACの出力レベルが0 dBFSで+22 dBuの場合、音楽素材のレベルピークはすでにデバイスの入力段でオーバーロードを引き起こすでしょう。


オーディオ機器内のすべてのコンポーネントは、しばしば限界で動作します。その結果、不安定なサウンドがストレスとなり、耳の疲労を早めます。

120Vテクノロジーを採用したSPLデバイスは、±60ボルトという高い内部動作電圧により、+32.5dBuの入力レベルに対応し、12dBのヘッドルームを提供します。その結果、すべてのコンポーネントが最適な動作範囲で継続的に動作します。その結果、非常に心地よく、自然でリラックスしたサウンド体験が得られます。細部まで音楽を楽しむことができます。

以下の図は、より低い一般的な動作電圧を持つ他の回路と比較して、

120V技術の優位性を明確に示しています。

SPL国際公式エンドーサー古屋博敏からのメッセージ

単なるコンプレッサーとしての役目ではなく、楽曲自体の立体感を作り上げられるのがIronである。2018年のドイツ・ワールドカップ公式曲では、Ironの魅力をこれでもかというほどに用いた。

 

楽曲の構成自体は全てDAW内で作られていた故に、奥行きが感じられなかったためIron特有の特性を活かし、3Dを思い切り意識して作り込みこの楽曲の担当者としてコンペティションを勝ち上がることができた。

 

ちなみにこの曲における候補者は、自分以外はアビーロドスタジオとスターリングと言った名門揃いであったが、ベンチャーである自分が残れたのは、フラットに評価を行う西洋社会らしい結果であると思う。

 

工夫と思い一つで、世界の頂点で戦うこともできるということを体現した思い出深い楽曲である。

bottom of page