top of page
Gemini_MG_1325-2560x1920-editSF3-2048x1536.jpg

MASTERING

Gemini

120Vテクノロジーを採用したマスタリングM/Sプロセッサー

Geminiは、120Vテクノロジーによる初のMid/Sideプロセッサーです。マスタリングにおいて、M/Sプロセッシングはミックスの個々の要素に的を絞ったアクセスを得る最良の方法です。

M/Sプロセッシングとは?

ステレオ信号をミッド(ボイス、スネア、ベース...)とサイド(ギター、パッド、シンバル...)に分解することで、それぞれを別々に処理することができます。
 

センター信号(Mid)は、ステレオ信号の左右チャンネルの和(L+R)、つまりステレオ信号の「同位相」部分です。

サイド信号(Side)は、ステレオ信号(L-R)の左右チャンネルの差、つまりステレオ信号の「位相のずれた」部分です。

Geminiはステレオ画像の拡大・縮小にも使用できます。低域成分をサイドからミッドにシフトする楕円フィルターも搭載されています。

Mid

M/S ボタンをアクティブにすると、入力信号(L/R ステレオ)がミッドとサイドに分割されます。

正確なセンターポジションはBalanceコントロールで、正確なレベルはTrimコントロールで調整できます。どちらの機能も、使用時のみ信号経路に入るように切り替え可能です。

ソロ機能をアクティブにすると、センターを排他的にモニターできます。

プロセッサーを挿入してミッド信号を処理し、Insertボタンでアクティブにすることができます。

入出力端子とインサート端子

すべてのインプットとアウトプット、センドとリターンはNeutrik XLRコネクターでバランス接続されています。

プロセッサーをインサートに接続し、外部処理を行うことも可能です。

特に興味深いのは、GeminiをHermesマスタリングルーターに統合したときの拡張性です。こうすることで、クラシックなL/RプロセッシングとM/Sプロセッシングを組み合わせたプロセッシング・チェーンを実現します。

Gemini & Hermes

GeminiのM/Sエンコーダーとデコーダーのステージは、それぞれHermesのインサートに接続することができ、プロセッシングチェーン内に自由に配置することができます。

M/Sエンコーダーとデコーダーの間のチェーンにあるプロセッサーは、ミッド/サイド信号を処理します。これらのプロセッサーは、モノ・デバイスにすることも簡単です。

GeminiのM/Sエンコーダーとデコーダーのステージは、それぞれHermesのインサートに接続することができ、プロセッシングチェーン内に自由に配置することができます。

M/Sエンコーダーとデコーダーの間のチェーンにあるプロセッサーは、ミッド/サイド信号を処理します。これらのプロセッサーは、モノ・デバイスにすることも簡単です。

例えば、処理位置3にM/Sエンコーダを配置し、処理位置4にイコライザを配置してミッド信号とサイド信号を別々に処理し、処理位置5にGeminiのM/Sデコーダステージを配置して再びL/Rステレオ信号を生成することも可能です(上図参照)。

コンプレッサーをM/S処理の追加デバイスとして使用する場合は、チェーン内の処理ポジション5に設定すればよく、それに応じてM/Sデコーダー・ステージも処理ポジション6に移動します。

120Vテクノロジーについて

120VテクノロジーはSPLのリファレンス・テクノロジーで、120ボルトの直流電圧で動作する、世界でもユニークなものです。これはICベースの半導体オペアンプの4倍です。

最高のオーディオ品質を得るには、最高のオーディオ動作電圧が必要です。

120Vテクノロジーは+/-60 Vで動作します。このような高電圧に対応するため、SPLは+/-60 Vの直流電圧で動作する特別なオペアンプを独自に開発しました:SPL 120V SUPRAオペアンプです。


この高電圧は、従来の部品やオペアンプを破壊してしまいます。

120Vテクノロジーは、卓越した技術的仕様と音響的利点を実現します。技術的には、ダイナミック・レンジ、S/N比、ヘッドルーム。サウンド面では、ディテールの豊かさ、絶対的にリラックスしたリスニング体験が得られます。

ちなみに、この技術の名前にある「120V」は、主電源ソケットからのローカルな主電源電圧とは何の関係もありません。これは、オーディオ信号が処理される装置内部の動作電圧のことです。

主電源ソケットからの主電源電圧は、トロイダルトランスを備えたデバイス内部のリニア電源で、必要な二次電圧に変換されます。整流器はこの交流電圧をオーディオ機器に必要な直流電圧に変換します。

SPL 120Vテクノロジーのアイデアと、このテクノロジーに基づくSUPRAオペアンプは、SPLの創設者でありチーフ・デベロッパーであるヴォルフガング・ノイマンによって1990年代に開発されました。

史上最高のマスタリング・コンソールを作るという目標のもと、この基本的な技術哲学が初めて形になりました。こうして2000年、ギャラクシー・スタジオ用のSPL MMC1マスタリング・コンソールが日の目を見ることになったのです。

SPL MMC 1 コンソール(Galaxy Mastering Studios)

その卓越したサウンドと技術的特徴は、瞬く間にシーンに広まり、さらなる注文が舞い込むのに時間はかかりませんでした。

MMC 1の他に、120Vテクノロジーを搭載したもう1つの伝説的な製品、"パラメトリック・イコライザーの王様 "PQが誕生しました。

SPL MMC 1 コンソール(Wisseloord Studios)

それ以来、120VテクノロジーはすべてのSPLプレミアム製品の基礎となっています。一方、マスタリング用途だけでなく、スタジオやハイファイでの使用にも適しています。

SPL PQ - モデル 2050

120Vとは?

何をするものなのか?

答えは動画の中にあります。

比較

ほとんどのオーディオ・デバイスは±15ボルトの内部動作電圧で動作するため、最大入力レベル+21.5 dBuを処理することができます。例えばDACの出力レベルが0 dBFSで+22 dBuの場合、音楽素材のレベルピークはすでにデバイスの入力段でオーバーロードを引き起こすでしょう。


オーディオ機器内のすべてのコンポーネントは、しばしば限界で動作します。その結果、不安定なサウンドがストレスとなり、耳の疲労を早めます。

120Vテクノロジーを採用したSPLデバイスは、±60ボルトという高い内部動作電圧により、+32.5dBuの入力レベルに対応し、12dBのヘッドルームを提供します。その結果、すべてのコンポーネントが最適な動作範囲で継続的に動作します。その結果、非常に心地よく、自然でリラックスしたサウンド体験が得られます。細部まで音楽を楽しむことができます。

以下の図は、より低い一般的な動作電圧を持つ他の回路と比較して、

120V技術の優位性を明確に示しています。

​製品スペック

アナログ入出力:XLR&DB-25端子(バランス)

最大入力レベル/出力レベル

32.5 dBu

入力インピーダンス

20 kΩ

出力インピーダンス

75 Ω

​同相信号除去

-79 dBu

​周波数特性(-3 dB)

10 Hz - 150 kHz

クロストーク(1 kHz)

-108 dBu

THD + N(0 dBu, 1 kHz)

-110 dBu

ノイズ(A-weighted, 全ステージ有効)

-98.2 dBu

ダイナミックレンジ

135 dB

​内部電源

駆動電圧(アナログオーディオ)

+/- 60 V

駆動電圧(リレー回路・LED)

+12 V

​電源

​入力電源電圧

230/115 VAC 50/60 Hz

ヒューズ(230V)

T 500 mA

ヒューズ(115V)

T 1 A

​消費電力

最大 40 W

​本体サイズ・重量

Side

また、サイド・シグナルにはソロ機能と、外部処理用に切り替え可能なインサートがあります。

さらに、楕円フィルターを使用して、低域をサイドからミッドにシフトさせることができます。これにより、低域のパンチと精度が向上します。

Stereo Widthコントロールはサイド信号のレベルを変更し、レベルを上げるとステレオイメージが広がります。

これら2つの機能は、使用時のみ信号経路に入るようにスイッチを入れることもできます。

W x H x D(横幅 x 高さ x 奥行)

482 x 44 x 300 mm

本体重量

5 kg

発送重量(パッケージ含む)

6.8 kg

bottom of page