top of page
DMC_MG_1388-2560x1920-editSF6-2048x1536.jpg

MASTERING

DMC

マスタリングコンソール

DMCはマスタリングスタジオの心臓部です。コンバーター、プレーヤー、DAW、レコーダー、スピーカーが接続されています。そのため、コンソールの音質は極めて重要です。マスタリング・シリーズの他の機器と同様、DMCは比類のない120Vテクノロジーで動作します。

​インプット&入力ソース

処理するオーディオ信号はInputsに、比較・再生するオーディオ信号はSourcesに接続します。それぞれ4組のステレオ入力が用意されています。

各入力チャンネルは0.25dBステップでオン/オフ、位相反転、トリミングが可能です。ステレオ入力をモノラルに切り替えることもできます。

録音ゲイン用の大きなポテンショメーターは、繊細なゲイン上昇を可能にします。このポテンショメーターを使用しない場合は、アクティブにしないでください。これにより、コントロール・ステージ全体がシグナル・パスの外側に保たれます。

レコーディング信号フロー

モニタリング&インサート

フルレンジモニター、ミッドフィールドモニター、ニアフィールドモニター用に3組のスピーカーを操作できます。スピーカーDはモノラルスピーカー用です。

PhonitorヘッドフォンアンプをPhonitor HPアウトに接続し、ヘッドフォン動作中にラウドスピーカーを自動的にオフにするかどうかをプログラムすることができます。

サブウーファーも同様です。サブウーファーをどのモニターとペアリングし、一緒に作動させるかをプログラムできます。

また、インサート・リターンは0.25dBステップでトリミングでき、インサート・チェーン後の微細なレベル差を補正できます。

Hermes Mastering Routerは、インサートに接続するのが好ましく、最大8台のステレオプロセッサーを接続し、自由にルーティング、保存することができます。

モニタリング・セクションでは、各ラウドスピーカー・チャンネルのソロや位相反転が可能です。

大型のモニタリング・レベル・ポテンショメーターにはインジケーターがあり、遠くからでもモニター・レベルを簡単に確認できます。

ラウドネス補正(+/-10 dB)も可能です。また、Insert、Sources、Inputsの各スイッチと連動させ、任意の段階でラウドネス補正を行うことも可能です。

モニタリング信号フロー

DMC & MC 16

DMCは、サラウンドやイマーシブ・オーディオのアプリケーション用にMC16とリンクさせることができます。Dolby Atmos®やAuro 3D®プロジェクトも実現できます。MC16は、世界初のアナログ16チャンネル・モニタリング・コントローラーです。

マスタリングスタジオでは、L/Rスピーカーとサブウーファーをステレオやマルチチャンネルのモニタリングに使用することがよくあります。DMCとMC16を組み合わせることで、これらのスピーカーを接続し直す必要がなくなります。

Speaker Aボタンを2秒間押すと、L/RとSubのボリュームコントロールがMC16に移り、もう一度押すとDMCに戻ります。このようにして、スタジオでのステレオ・プロジェクトとサラウンド・プロジェクトを簡単に連続して行うことができます。

120Vテクノロジーについて

120VテクノロジーはSPLのリファレンス・テクノロジーで、120ボルトの直流電圧で動作する、世界でもユニークなものです。これはICベースの半導体オペアンプの4倍です。

最高のオーディオ品質を得るには、最高のオーディオ動作電圧が必要です。

120Vテクノロジーは+/-60 Vで動作します。このような高電圧に対応するため、SPLは+/-60 Vの直流電圧で動作する特別なオペアンプを独自に開発しました:SPL 120V SUPRAオペアンプです。


この高電圧は、従来の部品やオペアンプを破壊してしまいます。

120Vテクノロジーは、卓越した技術的仕様と音響的利点を実現します。技術的には、ダイナミック・レンジ、S/N比、ヘッドルーム。サウンド面では、ディテールの豊かさ、絶対的にリラックスしたリスニング体験が得られます。

ちなみに、この技術の名前にある「120V」は、主電源ソケットからのローカルな主電源電圧とは何の関係もありません。これは、オーディオ信号が処理される装置内部の動作電圧のことです。

主電源ソケットからの主電源電圧は、トロイダルトランスを備えたデバイス内部のリニア電源で、必要な二次電圧に変換されます。整流器はこの交流電圧をオーディオ機器に必要な直流電圧に変換します。

SPL 120Vテクノロジーのアイデアと、このテクノロジーに基づくSUPRAオペアンプは、SPLの創設者でありチーフ・デベロッパーであるヴォルフガング・ノイマンによって1990年代に開発されました。

史上最高のマスタリング・コンソールを作るという目標のもと、この基本的な技術哲学が初めて形になりました。こうして2000年、ギャラクシー・スタジオ用のSPL MMC1マスタリング・コンソールが日の目を見ることになったのです。

SPL MMC 1 コンソール(Galaxy Mastering Studios)

その卓越したサウンドと技術的特徴は、瞬く間にシーンに広まり、さらなる注文が舞い込むのに時間はかかりませんでした。

MMC 1の他に、120Vテクノロジーを搭載したもう1つの伝説的な製品、"パラメトリック・イコライザーの王様 "PQが誕生しました。

SPL MMC 1 コンソール(Wisseloord Studios)

それ以来、120VテクノロジーはすべてのSPLプレミアム製品の基礎となっています。一方、マスタリング用途だけでなく、スタジオやハイファイでの使用にも適しています。

SPL PQ - モデル 2050

120Vとは?

何をするものなのか?

答えは動画の中にあります。

比較

ほとんどのオーディオ・デバイスは±15ボルトの内部動作電圧で動作するため、最大入力レベル+21.5 dBuを処理することができます。例えばDACの出力レベルが0 dBFSで+22 dBuの場合、音楽素材のレベルピークはすでにデバイスの入力段でオーバーロードを引き起こすでしょう。


オーディオ機器内のすべてのコンポーネントは、しばしば限界で動作します。その結果、不安定なサウンドがストレスとなり、耳の疲労を早めます。

120Vテクノロジーを採用したSPLデバイスは、±60ボルトという高い内部動作電圧により、+32.5dBuの入力レベルに対応し、12dBのヘッドルームを提供します。その結果、すべてのコンポーネントが最適な動作範囲で継続的に動作します。その結果、非常に心地よく、自然でリラックスしたサウンド体験が得られます。細部まで音楽を楽しむことができます。

以下の図は、より低い一般的な動作電圧を持つ他の回路と比較して、

120V技術の優位性を明確に示しています。

SPL国際公式エンドーサー古屋博敏からのメッセージ

細部に渡る繊細さを表現したいのであれば、DMCは必ず必要となるリソースであろう。この楽曲をマスタリングエンジニアとして手掛けた折、僕はこのミュージックビデオを全く知らなかった。音源ファイルがオンラインで送られてきて、歌い手のエミリーと少し電話で話した程度である。彼らの楽曲は勉強のために多くを聴いたが、『東欧独特の美しいポップスを作る人気グループだな』という印象とともに、多くのジャンルを網羅するスタイルはこちら側のスキルも相当に必要であること感じさせられた。

 

結果的にこの楽曲は美しい映像と相舞い、チェコで年間最優秀楽曲賞に選出されることとなった。この当時、プラグインはMagix社のリミッターのみを用いており、とにかくハードギアに活路を見出そうとしていた。その試みの最終段階でもあると言える楽曲でもあるのだが、ハードのみで行きつけるところまで行き着こうとすると、左右の音量バランスに始まり入力音量、各セクションの機材に送り込まれる音量バランス、そして受け止めた後のGain調整までが絶妙に絡み合い作品を完成させる必要がある。しかし一度この自由度を手に入れたら、おそらくマスタリングエンジニアは元には戻れないであろう。それほどに『やりたいことが思いのままになる』逸品である。

 

最高のハードギアでのマスタリングを手にしたいのであれば、まずDMCを手に入れるべきであり、その後のことはゆっくりと考えれば良い。音圧など容易に手に入れられるとともに、その微調整の幅に驚くはずである。

bottom of page