top of page
ProFi-WebTitle_Director_Mk2.jpg

PROFESSIONAL FIDELITY

Director Mk2

SPLの描く最高峰の芸術的サウンドは、このDirector Mk2で完結します

SPLの描く緻密に表現されるステレオイメージや、細部にわたる楽曲内でのディテールは、このDirector Mk2によって完結すると言っても過言ではありません。正に次世代と言える表現力は、ヘッドフォンやスピーカーの性能を最高レベルで引き出します。

極められた洗練

​45mmを有する大きなヴォリュームコントローラーは、非常に心地良い手触りを実現しています。
また、LEDを用いたボリュームインジケーターは、暗い中でも美しくコントローラーの操作を導いてくれます。

ボリュームRC

ボリュームコントロールは、赤外線を用いたリモートコントロールが可能です。​
非常に簡易的な設定で、創造的な操作を手に入れることができます。
特にApple Remoteとの親和性は高く、低い投資額で心地よいリスニング環境を手に入れられます。

赤外線コントローラーのチュートリアル

Director Mk2 を運用した際のリモートコントロールの一例です。ビデオ内では、如何にしてコントローラーとの同期を行うのかを説明しており、どれほど簡易的にリモートコントロールを実現できるのかを理解できます。

多くのデジタル・アナログソースに対応

Director Mk2は合計10種類ものステレオソースから入力を選択することが可能です。
XLRバランス、RCAアンバランス、USB、Coax、Optical、AESでの入力を実現し、既にお持ちの再生ソースと素晴らしい親和性を実現します。
Director Mk2は、XLRの2系統における入力を持ち合わせており、メッキ処理されたRCAによる入力を4系統持ち合わせています。
デジタル側には4つの追加入力があり、PCMオーディオはUSB、Coax、OpticalそしてAES/EBUからの入力に対応しています。
​USBのみ、DSD4とPCM768kHzのハイサンプリングレートをサポートしています。

視認性の高いディスプレイ

DACは、デジタル再生ソースのサンプリング・レートと解像度を自動的に選択します。Director Mk2の設定は必要ありません。

検出されたサンプリングレートは、ドットマトリックスLEDディスプレイに表示されます。例えば、U768はサンプリングレート768kHzのソース "USB "の頭文字です。

DAC768について

DAコンバーターのチップには、高い評価を得ているAKM AK4490 Velvet Sound™ プレミアムDACチップを採用しています。

32ビットの解像度でPCMオーディオを変換し、サンプリングレートは最大768kHzで、これはCDの16倍の解像度です。DSDもDSD4またはDSD256の解像度までサポートします。

DAC768xsとは異なり、DAC768はAES/EBUデジタル入力を備えているだけではなく、VOLTAiRテクノロジーを使用したDLP120(アナログローパスフィルター)も搭載しています。

DLP120について

DACチップのアナログ出力は、ローパスフィルターでフィルタリングする必要があります。Director Mk2には2つのローパスフィルターがあります: 1つはPCMオーディオ用、もう1つはDSDオーディオ用で、異なるロールオフ周波数を設定しています。

世界中の他のDACとは対照的に、このローパスフィルターはVOLTAiRテクノロジーを使って作られており、ダイナミクスとヘッドルームとサウンドに恩恵をもたらします。

伝統的な視認性を表現する

2つのVUメーターは左右のインプットレベルを確認できます。
 
また、表示される入力レベルを切り替えることが可能です。

AMP CTL

AMP CTL端子を使用し、Performer s800などのパワーアンプと接続することにより、スタンバイスイッチの連動など便利な機能を使用することができるようになります。
12Vトリガー出力となりますが、SPL製品のみでの互換性があり、他社製デバイスとは接続できません。機器の故障に繋がりますので、必ずSPL製品と組み合わせて使用してください。
​今日のオーディオレベルは、過去よりもはるかに高音圧に設定されており、多くのレコーダーは過負荷を強いられます。
​Tape Monitorのスイッチを押すだけで、send側の音量レベルが10dB下げられると共に、それを補う形でreturn側の音量レベルが10dB増加します。

本体サイズ

テープモニター

テープモニターモードを用いると、かなりレトロなサウンドを得ることができます。ほとんどのメーカーがテープモニター回路を提供しなくなった昨今、誰かがやらなければなりません。
​再度こうしたサウンドを得られる喜びを、お楽しみいただきたく思います。
bottom of page