top of page
DeEsser_front_TITLE-1536x864.jpg

STUDIO

DeEsser Mk2

伝説を再設計

SPL DeEsserは、1996年の発表以来ユニークな製品です。オートダイナミックDeEsserは、シンプルで音楽的な方法で望ましくないシビラント周波数を除去し、声の自然なキャラクターや音色に影響を与えることなく歯擦音を打ち消します。

最新世代のDeEsser Mk2は、前モデルと同じ処理品質を備えていますが、新しいデザインで登場し、ソリッドアルミニウムノブにより、さらに優れたフィーリングを持っています。DeEsser Mk2は、1台の19インチ・デバイスに2台のモノラル仕様DeEsserを搭載しています。

オートダイナミック・ディエッサー

SPL DeEsser - それは歯擦音低減の革命です。

DeEsserは、ミックスやボーカル・トラックのシビリアンスを低減するユニークなテクノロジーを採用しています。
自動的にシビリアンス周波数を検出し、近隣の周波数は影響を受けずにシビリアンス周波数に特化します。これらのS-サウンドは、シビランスを打ち消すために位相反転され、メイン信号にミックスされます。その結果、音はニュートラルになり、目立たなくなり、非常に効果的な処理となります。S-リダクションの値が高くても、ディエッシングは声のキャラクターと音色に無視できない影響を与えます。

S-Reduction

S-Reductionコントロールは、S-サウンドリダクションの強さを調整します。

実際には、-2 dBから-8 dBの間でS-Reductionを設定すると、ほとんどの用途で最良の結果が得られます。

LEDディスプレイ

S-リダクションLEDディスプレイは、S-リダクションの強さを0 dBから-20 dBの間で2 dBステップで表示します。

Auto

Autoスイッチはオートダイナミック機能を作動させます。これは、マイクまでの距離が変化して入力レベルが変動した場合に、スレッショルドを自動的に調整するものです。

オートスレッショルドを有効にすると、ディエッシングの強さはS-Reductionコントロールで設定した値で一定に保たれます。これは、経験の浅いボイスオーバーアーティストだけでなく、ライブシーンでも大きな助けとなります。

Female

Femaleスイッチは、声の特徴に合わせるために使用します:
スイッチを押すと、女性モードが選択されます。自動S音検出は、より高い周波数のS音により強く反応するようになります。スイッチが押されていない状態では、男性モードが選択され、S音検出が男性の声の特徴に適応します。より低い周波数のS音が処理されます。

また、S音検出の中間周波数は、男性モードから女性モードへ増加します。男性の声の場合、中間周波数は約6 kHz、女性の声の場合は7 kHz弱になります。

とはいえ、男性の声にはMaleポジションを、女性の声にはFemaleポジションを選ぶ必要はありません。常にS音のピッチと音色を聴き、両方のポジションを試してください。

ON

Onスイッチは、各チャンネルをアクティブまたは非アクティブにします。これにより、処理された信号と処理されていない信号を素早く切り替えることができます。

 

スイッチング・ノイズを最小限に抑えるため、スイッチングはバランス入出力の後に直接行われます。このリレー・ハード・バイパス回路は、電源の1次側または2次側で電源障害が発生した場合、またはデバイスの電源がオフの場合、入力を出力に即座にリダイレクトすることもできます。

一般的なディエッサーの仕組みについて

伝統的なディエッサーはコンプレッサーと連動しているため、コンプレッサー/リミッターと組み合わせた機器にも見られます。ディエッシングを開始するレベルを決めるスレッショルド・コントロールに加え、S音を探す中心周波数を決める周波数コントロールもあります。処理の帯域幅は通常2オクターブまでです。Sサウンドが現れると、常に全帯域が圧縮されるため、トワンギングや舌足らずな音など、好ましくない副作用が生じます。

SPL Auto Dynamic DeEsserの仕組みについて

オートダイナミック・デエッサーは、S周波数に自動的に適応して帯域幅を狭め、S音の帯域のみが処理され、隣接するすべての周波数がそのまま残るようにする新しい回路技術を持っています。このようにして決定された周波数帯域は、位相反転された形で元の信号にミックスされ、S音が音響的に除去されます。その結果、サウンドニュートラルで、邪魔にならないが、非常に効果的な作業方法となります。ディエッシングが声の音色に与える悪影響はほとんどなく、トワンギングや舌足らずのような副作用は起こりません。さらに、時間のかかる周波数設定の再調整も不要になりました。SPLオートダイナミックDeEsserは、効率性と音の中立性を兼ね備えています。ちなみに、DeEsser Mk2を使えば、硬いシンバル音やスネア音を完璧に和らげることもできます。

​入出力端子

DeEsser Mk2のインプットとアウトプットは、ゴールドメッキを使用したNeutrik XLRソケットとプラグを装備しています。信号伝送は電子的にバランス接続されており、基準レベルは+6 dBuです。

美しい外観、触り心地の良さ、そして耐久性のある筐体

DeEsser Mk2は、厚さ4mmのブラック・アルマイト仕上げのアルミニウム製フロントパネルと、無垢材から削り出したアルミニウム製ノブを備えています。ハウジングは高品質のスチール製で、エレガントなブラックのパウダーコーティングが施されています。

ハイクオリティな製造ライン

すべてのSPL機器において、私たちは計画通りに開発するだけでなく、耳で聞いて開発します。多くの重要な部品は、スルーホール技術を使って回路基板に取り付けられています。こうすることで、最高のサウンドの部品を確実に使用することができるのです。

SPLのホームは心のある場所です

ドイツ・ニーダーラインのニーダークリュッヒテンにある自社工場ですべての機器を製造しています。

​製品スペック

アナログ入出力:XLR&TRS端子(バランス)

最大入力レベル/出力レベル

21 dBu

入力インピーダンス

21 kΩ

出力インピーダンス

100 Ω

​同相信号除去(1 kHz)

> 80 dB

​周波数特性(-3 dB)

10 Hz - 100 kHz

THD + N(0 dBu, 10 Hz - 22 kHz)

-90 dBu

ノイズ(A-weighted)

-97 dBu

ダイナミックレンジ

118 dB

​内部電源

駆動電圧(アナログオーディオ)

15 V

駆動電圧(リレー回路・LED)

12 V

​電源

​入力電源電圧

230/115 VAC 50/60 Hz

ヒューズ(230V)

T 200 mA

ヒューズ(115V)

T 400 mA

​消費電力

最大 15 W

​本体サイズ・重量

W x H x D(横幅 x 高さ x 奥行)

482 x 44 x 237 mm

本体重量

3.3 kg

発送重量(パッケージ含む)

4.45 kg

SPL Auto Dynamic DeEsserのアドバンテージ

従来のコンプレッサー技術によるディエッサーは、マイクロホンまでの距離が短くなるにつれて、より強く働くようになります。一方、デエッサーはマイクロホンまでの距離が長くなるほど弱くなります。通常、コンプレッサー/リミッターは、レベル変動を補正するためにデエッサーの後に使用されます。しかし、ディエッサーの違いにより、コンプレッサー/リミッターは間違った反応をします。

マイクまでの距離が長くなると、コンプレッサー/リミッターは再び現れるS音に反応します。ディエッシングが音を変えるだけでなく、コンプレッサー/リミッターも再調整によって音像に悪影響を及ぼします。

DeEsser Mk2のオートダイナミック機能により、これらの問題は解消されます。制御回路が入力レベルをモニターし、スレッショルドを自動的に調整します。次のコンプレッサー/リミッターは、より正確に、より少ないカラーレーションで反応します。

SPL国際公式エンドーサー古屋博敏からのメッセージ

僕の活動は色々なところで知られるようになり、ドイツ在住のイタリア人作曲家Tony Luzzyから声をかけてもらい、彼の楽曲のプロデュースを手伝うようになった。この時もメンバーはバイオリンやストリングスはロシアのサンクトペテルブルグのマリアに依頼し、ドラマーもチャック・サボであった。


アンジェリークの歌唱に僕も惚れ込んで仕事に臨んだのを覚えているし、このときに用いたDe-Esserの事もよく覚えている。プラグインで当初は対処しようとしたがどうしても上手く行かず、このとき持ち合わせのなかったDe-EsserをSPL本社のマーケティングマネージャーであるサーシャに急遽送って欲しい旨を伝え、入手したのをよく覚えている。
今聴いてもあのときの高揚感と感動は色褪せることなく、デュッセルドルフ近辺のライン川ほとりの景色を思い出す。

bottom of page